後味の良い終わり方ができる裁判所活用

離婚調停のメリットとは

どちらか一方の不貞行為やお互いの性格の不一致などが原因で結婚した夫婦が離婚を考えることも少なくありません。離婚をするためには基本的に夫婦同士の合意が必要になります。双方とも離婚に納得するというのであれば、夫婦がそれぞれ署名捺印をした離婚届を役所に提出すればすぐ離婚することが可能です。しかし、夫婦のどちらか一方が離婚に反対している場合、協議の方法で離婚をすることができません。このようなときは、裁判所を活用して離婚の手続きを進めていくことになります。

裁判所を活用して行う離婚にはいくつかありますが、その中でまず行われるのが離婚調停です。離婚調停とは裁判所の人が間に入って、夫婦同士が間接的に話し合いをしながら、離婚の話を進めていく手続きです。夫婦同士が直接話し合いできない場合でも、裁判所の人が間に入ってくれることによってお互いが冷静になりながら話を進められるというメリットがあります。そのため、意外と調停で離婚が成立することもめずらしくないのです。お互いがある程度納得した形で離婚をすることができるので、後味のよい終わり方ができるのもメリットの一つにあげられます。協議離婚をするのが難しいのであれば、離婚調停の方法を利用してみるとよいでしょう。

離婚調停の申立はどのように行うの

夫婦が離婚をする場合、どうしても法律的な問題が絡んできてしまいます。また、お互いの感情も絡んでくるので、離婚の話がなかなかまとまらないケースも少なくありません。このような場合は、裁判所を活用して離婚手続きを進めていくほうが効果的です。裁判所というと当事者が法律的な争いをする場所だと思う人もいるかもしれませんね。しかし、裁判所が仲介的な形で入って手続きを進めていくことができるので、無事に解決できる場合も多いです。このような裁判所の手続きを調停と言いますが、離婚も調停を活用すると円満解決できる場合が多いです。

夫婦が調停を利用して離婚をするには、どのようにすればよいのでしょうか。離婚調停をするには、家庭裁判所へ申立をしなければなりません。申立先は相手方の居住地を管轄する家庭裁判所になります。そのため、別居して相手の人が遠方に住んでいるような場合、自分の居住地から遠方にある家庭際場所で手続きを行う必要が出てきます。離婚調停を申し立てる際に必要となる書類として、まず申立書があげられます。また申立手数料と手続きをするための費用も一緒に納めなければなりません。さらに戸籍や年金に関する資料の提出が求められます。

choices article

カテゴリ:流れ

夫婦間の話し合いが円滑に進まない時には

離婚調停の流れについて 離婚調停は流れのイメージをつかみ、必要な費用や行われる場所、かかる時間などを把握しておくことで不安解消できます。 まず離婚調停とは、夫婦間で話し合いができない時…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

問題解決には専門家への依頼という選択もある

離婚調停の手続きは専門家へ依頼しよう 夫婦間だけでは離婚の話をまとめられないが、裁判所でお互い争うようなことはしたくない。離婚をしようと考えている夫婦の中には、そのような思いを抱いている人も…

more

カテゴリ:メリット

後味の良い終わり方ができる裁判所活用

離婚調停のメリットとは どちらか一方の不貞行為やお互いの性格の不一致などが原因で結婚した夫婦が離婚を考えることも少なくありません。離婚をするためには基本的に夫婦同士の合意が必要になります。双…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

裁判所の人からのサポートを得る事が解決までの近道

離婚調停が終了した後はどうなるの 裁判所が夫婦同士の離婚手続きをサポートしてくれる離婚調停。不動産を購入する際、業者が仲介をしてサポートしてくれますが、離婚調停を利用する場合、裁判所は不動産…

more