夫婦間の話し合いが円滑に進まない時には

離婚調停の流れについて

離婚調停は流れのイメージをつかみ、必要な費用や行われる場所、かかる時間などを把握しておくことで不安解消できます。

まず離婚調停とは、夫婦間で話し合いができない時や話が進まない時は間に裁判所に入ってもらい、離婚するかどうかや条件を話し合う手続きのことです。基本的に離婚調停というものは、離婚をさせるためだけではなく、円満を目指す場合もあります。

離婚調停になると先程も説明した通り、裁判所が間に入るので家庭裁判所で話し合いが実施されます。調停を申し立てる側が相手の住所地の管轄する家庭裁判所に申し立て、その裁判所で調停手続きを行います。申し立てから1、2ヶ月後に離婚調停の話し合いが始まります。調停を行う日は裁判所が決めて、双方を呼び出します。年末年始やお盆など、裁判官が休みの時期にはありません。離婚調停は裁判官が1人と調停委員が2人で調停委員会が主催で話し合いが始まります。調停委員は男女1人ずつで公平にされています。

裁判官の数が少なくずっと調停席に座っているわけにはいきません。なので、事前にある程度調停委員と打ち合わせしておき、調停が成立、不成立が決まったり、裁判官が自ら調整しないといけない場合など裁判官が現れることが多いです。1回の調停の時間は2時間程度で1ヶ月ほどに1回のペースで手続きを行っていきます。だいたい離婚調停にかかる総費用は弁護士を頼まないで自分で申し立てたら5000円程度です。

離婚調停とは何をするのか

離婚は、本来、お互いが納得いくまで話し合い円満に協議離婚することが望ましいですが、さまざまな利害関係が絡み上手くいかない場合があります。例えば、財産分与の割合とか、精神的苦痛に伴う慰謝料の金額、子供がいた場合親権はどちらにするかなど話し合いでまとまらないことが多々あります。このような際に、解決への道筋をつけるのに裁判所で離婚調停をすることが必要となります。離婚調停をするにあたって、調停委員から始めに聞かれる基本的な事柄に対し、スムーズに答えられるように対処できる必要性があります。ほとんどの人は、裁判所に行ったことがなく独特の雰囲気に包まれて緊張してしまいます。そこで、離婚調停に臨む人は、前もって流れのイメージを頭に入れておくだけでも緊張が多少緩和されると思います。最初の調停で聞かれる基本的質問がいくつかあるので抜粋して、それに対する模範と思われる回答を列挙します。まず、二人の出会い、結婚に至る経緯?出会いの機会や結婚に至る経緯をとにかく離婚のほうへ導く話の序幕として話します。次に、何故離婚を決心したのですか?これは、調停の根幹となる要素です。離婚へ至るまでのプロセス話をし、どうしても離婚せざるを得ないという言葉を強調します。夫婦関係が修復できる可能性はあるか?夫婦関係を修復しようと精一杯努力したがだめだったことを強く訴えます。

choices article

カテゴリ:流れ

夫婦間の話し合いが円滑に進まない時には

離婚調停の流れについて 離婚調停は流れのイメージをつかみ、必要な費用や行われる場所、かかる時間などを把握しておくことで不安解消できます。 まず離婚調停とは、夫婦間で話し合いができない時…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

問題解決には専門家への依頼という選択もある

離婚調停の手続きは専門家へ依頼しよう 夫婦間だけでは離婚の話をまとめられないが、裁判所でお互い争うようなことはしたくない。離婚をしようと考えている夫婦の中には、そのような思いを抱いている人も…

more

カテゴリ:メリット

後味の良い終わり方ができる裁判所活用

離婚調停のメリットとは どちらか一方の不貞行為やお互いの性格の不一致などが原因で結婚した夫婦が離婚を考えることも少なくありません。離婚をするためには基本的に夫婦同士の合意が必要になります。双…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

裁判所の人からのサポートを得る事が解決までの近道

離婚調停が終了した後はどうなるの 裁判所が夫婦同士の離婚手続きをサポートしてくれる離婚調停。不動産を購入する際、業者が仲介をしてサポートしてくれますが、離婚調停を利用する場合、裁判所は不動産…

more