スムーズに夫婦関係に終止符が打てない場合の手段

離婚調停が必要な場合とは

結婚しても、何らかの理由でどちらかが離婚したい、または双方が離婚したいという事態になることは少なくありません。そして、離婚するに当たっては親権関係や財産分与などについて協議しなければならないことも少なくありませんし、そもそも双方が離婚したいということになっていない可能性もあります。双方の話し合いで離婚が成立する協議離婚ができなければ、家庭裁判所の調停委員の立会のもとに離婚について双方が話し合いを進めるという手順になります。それが離婚調停です。
協議離婚も離婚調停も双方の話し合いということは同じですが、家庭裁判所の調停委員という第三者が仲介することでお互いの話し合いをスムーズに進めるという意図があります。離婚調停は離婚当事者のどちらかの申し立てによってスタートします。もちろん、離婚調停とは言っても話し合いの一環ですから、離婚調停でも条件などで折り合わないということもありえます。その場合には離婚調停が不調ということになり、離婚裁判になっていくことが多くなります。離婚裁判になれば、離婚に長期間かかることもありますし、コストも大きくかかることがあるので、離婚調停の話し合いで同意することが合理的かもしれません。

裁判所を介して離婚調停をするメリット

夫婦関係がこれ以上維持することが困難となってしまったとき、採られる手段として最も多いのが離婚という手段ですが、この手段は必ずしもすんなりと壊れてしまった夫婦関係に終止符を打てると決まっているわけではありません。離婚をするにあたってはそれに伴ってさまざまな取り決めを行う必要があるからです。もちろん、離婚をするという結論を出すに至った夫婦のなかにはさまざまな取り決めに関しての話し合いがスムーズにいき、離婚の手続きに何の支障もないケースもあります。しかし、慰謝料や養育費などの面で話し合いがまとまらず、離婚の手続きをすることができないケースも少なくはないのです。
そのため、壊れてしまった夫婦関係に終止符を打つことがなかなかスムーズにいかない場合には、裁判所を介して離婚の手続きを進めるという手段がとられるのが一般的です。。離婚調停では前述したように夫婦の間に裁判所が介在して慰謝料の請求や養育費などのの取り決めなどについて話し合いが進められていくことになります。離婚という結論を出した夫婦ではすでに冷静な話し合いができない状態になっていることも多いので、裁判所という第三者をはさむことで行われる離婚調停は夫婦の双方が冷静に離婚に向けての話し合いができるというメリットがあります。

ご依頼者様のご要望に合った様々なプランをご用意しております。 初回のご依頼者様に対しましては「初回無料相談」といたしまして60分間無料でご相談お受け致します。 当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 離婚問題で悩まれているあなたへ。離婚問題でこれ以上悩んで欲しくない私たちが精一杯サポートいたします。 離婚調停のご相談はこちら

choices article

カテゴリ:流れ

夫婦間の話し合いが円滑に進まない時には

離婚調停の流れについて 離婚調停は流れのイメージをつかみ、必要な費用や行われる場所、かかる時間などを把握しておくことで不安解消できます。 まず離婚調停とは、夫婦間で話し合いができない時…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

問題解決には専門家への依頼という選択もある

離婚調停の手続きは専門家へ依頼しよう 夫婦間だけでは離婚の話をまとめられないが、裁判所でお互い争うようなことはしたくない。離婚をしようと考えている夫婦の中には、そのような思いを抱いている人も…

more

カテゴリ:メリット

後味の良い終わり方ができる裁判所活用

離婚調停のメリットとは どちらか一方の不貞行為やお互いの性格の不一致などが原因で結婚した夫婦が離婚を考えることも少なくありません。離婚をするためには基本的に夫婦同士の合意が必要になります。双…

more

カテゴリ:サポートを受ける方法

裁判所の人からのサポートを得る事が解決までの近道

離婚調停が終了した後はどうなるの 裁判所が夫婦同士の離婚手続きをサポートしてくれる離婚調停。不動産を購入する際、業者が仲介をしてサポートしてくれますが、離婚調停を利用する場合、裁判所は不動産…

more